ナースセンター

ナースセンターと同時に登録できる民間の転職サイト

ナースセンター以外にも、ナース転職に特化したサイトがたくさんあります。私はナースセンターと同時に民間の転職サイトに登録して、民間の転職サイトのほうで転職に成功しました。ナースセンターは平日夜には対応してくれなくて、夜勤の多い私には夜間も対応してくれる転職サイトが非常に心強かったです。

 

転職サイトはそれぞれ非公開求人を持っていて、えっ、あの近所の病院も登録しているんだって思いました。転職サイトによって持っている非公開求人がそれぞれ違うので2〜3サイト同時に登録されるのが良いと思います。
あと、民間の転職サイトの良いところは、お給料の交渉とか個人では難しいところを代行してくれるところです。交渉のおかげで年収30万円アップに成功しました。

 

転職は失敗できません。転職を有利にするめるにはたくさんの情報を仕入れる必要があります。そのためには、ナースセンター以外にも民間の転職サイトも活用して、たくさんの求人情報を見ることが大切だと思います。たくさんの求人情報を見比べれば、もっとも良い転職先が見つかると思います。

 

看護協会のナースセンターがネットで運営するeナースセンターがあります。このサイトには転職エージェントがいないためあなたにあった転職先を教えてもらう手段が見つからない場合が多いです。基本的には自分でみつける必要があります。看護師転職のサイトに専門のエージェントが在籍しており、あなたにあった転職しっかり調べて次の転職先のヒアリングをしてよりマッチングした職場を紹介することが可能になります。 日本では、看護師の人材不足傾向になっています。また、看護師の待遇も各都道府県の勤務している医療機関にもよりますが大きく差があることが統計データで明らかになってきました。 eナースセンターは多くの求人情報を持っていますが、実際に登録して多くの求人案件かさがしてみると自分に合った転職先を見つけることはとても困難であることがわかってきます。また、見つかったとしても多くの時間をかけることに間違いはないでしょう。 一番重要な転職先の情報などは提供してくれないので、新しい職場に入ってから思っていた職場環境と違うということになる可能性もあります。 ですので、看護師転職サイトを利用する場合に最も重要視することはしっかりとした専門の転職コンサルタント、転職エージェントをかかえている転職サイトかどうかがとても重要なポイントになります。

私が実際に登録した3つの転職サイト

ナースセンターと同時に民間の転職サイトに登録して、非公開求人を探されるのがベターだと思います。私はナースセンターと同時に民間の転職サイトに応募し、民間の転職サイトで転職に成功しました。転職サイトは2〜3個同時に登録して、非公開求人を見比べられるのが良いと思います。登録、利用料全て無料です!

 

看護師のバイト 求人なら【MC-ナースネット】

看護師のバイト 求人なら友人紹介実績業界 No.1 の【MC-ナースネット】みんなに伝えたい、看護師の転職・バイト・派遣支援サービス。質の高い求人・募集情報満載!個々の看護師にマッチしたサービスを提供。

全国14拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応しており、求人数も20000件以上と豊富です。 会員数は40000人を超え、年々その伸び率は増えています。 看護師さんに特に人気のある健診などの派遣案件、夜勤の無い企業求人が豊富で良質なものが多く、掲載したらすぐに問い合わせが殺到する求人も多くあります。


⇒詳しくはコチラ

利用料金 対応エリア 評価
無料 全国 ナースセンター,eナースセンター,ナースバンク,ナースプラザ
看護師求人紹介 実績No.1【ナース人材バンク】

安心の上場企業が運営する「ナース人材バンク」は 年間利用者10万人以上の看護師さんが利用する国内最大級の転職支援サービスです♪ 【ナース人材バンクの特長】 1.年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービスです! 2.マザーズ上場の安心企業が運営しています☆ 3.全国15拠点で展開しているため、全国の看護師さんの転職サポートができます! 4.転職者さんの大変な条件交渉は、転職コンサルタントにお任せ頂きます♪

 

⇒詳しくはコチラ

利用料金 対応エリア 評価
無料 全国 ナースセンター,eナースセンター,ナースバンク,ナースプラザ
ナースではたらこ

ナースではたらこはテレビCMでもおなじみで、東京を中心に全国の求人情報を幅広く探すことができる転職サイトです。

勤務先の希望条件もきっちり聞いてくれるキャリアコンサルタントがいますので、安心してお仕事を探すことができます。
キャリアアップ支援金があり、転職に成功するとお祝金として10万円いただけます。ありがたいサービスです。

 

⇒詳しくはコチラ

利用料金 対応エリア 評価
無料 全国

 

 

 

 

日本看護協会は、厚生労働大臣の認可を受け運営されており、各都道府県に1個はナースセンターがあります。
事業内容は各都道府県のナースセンターと同じく、求職者と雇用者をマッチングさせる「ナースバンク事業」や、看護師体験学習など様々な研修を行う「看護の心 普及事業」、他にも「訪問看護支援事業」や「メンタルケア相談」などを行っています。

 

その中でも、「訪問看護支援事業」のなかで、これからますます需要が広がる訪問看護師の養成講習会が実地されており、30日間の質の高い講習技術が学べるようです。現看護師の方でもいろんな分野での看護を学んでみたいと考える方にはいいかもしれませんね。

 

ナースバンクへの登録から採否決定までの流れですが、まずはナースセンターの窓口かインターネットサイトのe−ナースセンターで登録します。(e−ナースセンターではPCアドレスが必要となりますのでご注意ください)登録すると、窓口やe−ナースセンターでお仕事を検索閲覧でき、紹介状を作ってもらえます。その後、紹介状を持参して希望する病院や施設に面接を受けに行くわけですが、お給料の交渉や就業時間等の確認交渉は、その際ご自身で行わなければなりませんので、前もって質問の準備などはしておいたほうが良いでしょう。

 

こういった一連の作業は、全国のナースセンターでは一律の流れになっているようですが、お忙しい方や交渉が苦手な方は、民間の転職サイトを利用するというのもいいかもしれません。求人転職のプロの担当者が代行して病院の調査から交渉まで行ってくれます。